ZOOMのなぶり方色々

Arduinoで開発可能なCPUボードとUSBホスト基板があれば、ZOOMのマルチにMIDIでプログラムチェンジを送ることができるので、バッチ切替をすることができる。

CPUボードは、IO端子や、シリアル通信、WIFI通信、ブルートゥース通信等などの機能を持ってるのでいろんななぶり方ができる。

1.プッシュスイッチをつなぐ

2.MIDIスイッチをつなぐ

3.WIFIで、スマホとかパソコンとか、もちろんマイコン同士でつなぐ。

4.ブルートゥース通信で、スマホとかブルートゥース機器とかパソコンとかとつなぐ。

切替のトリガーをどんな方法で出せると楽しいのかなぁーと考え中(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です