作り方

1.そろえる物、あるといいモノ

①ミニUSBホストシールド
②ATMEGA328P 3.3V/8M Arduino PRO mini
③USB シリアルコンバーター FTDI232
④すずめっき線 0.4mm
⑤ブレッドボード
⑥ユニバーサル基板
⑦3P JSTコネクタ
⑧細いケーブル(LANケーブルの芯線で可)
※どれもアマゾン等で検索して購入できると思います。

(説明)
①ZOOMマルチエフェクタのUSBと通信するための機器です。
②CPUです、電圧とクロックが5V/16Mのタイプもありますが、3.3Vと8MHzを使います。
 基板にピンが附属しているものがいいです、半田付けされているとなお楽です。
③CPUにプログラムを書き込むために使います。私はFTDI232が載ってるのを買いました。
④基板の上で配線するのに使います、0.4mm程度が扱いやすい。
⑤動作テストやピンの半田付けに使います。複数個あると便利です。
⑥最終的に基板にするときにはあるといいです。
⑦MIDIスイッチに内蔵するとき等に基板とスイッチを別できます。3ピン以上あればなんでもいいですが、これの10~20組のセットが安いと思います。
⑧1-2mmの細めの配線コード。LANケーブルを壊すとたくさん手に入るので愛用してます。

1.そろえる物、あるといいモノ